昭和56年6月以前に建設された木造在来軸組工法のお住まいを対象に、
耐震診断アドバイザーによる診断を有償にて行います。診断結果に
応じた耐震補強計画や工事を行い地震に強い住まいをご提供します。
新規に壁または既存の壁に構造用合板(国土交通大臣認定の耐震ボード)を張って、壁1枚あたりの強度を向上させる方法。耐震診断の結果をふまえて、バランスよく配置します。
クラック(ひび割れ)の多発した基礎や、鉄筋の入っていないコンクリート基礎の補強は、その基礎を抱きかかえるように、新たに鉄筋入りの基礎を新設します。劣化の状態によって、新設が必要な長さは異なります。
小さめのクラック(ひび割れ)の場合は、専用のエポキシ樹脂を注入して一体化させます。